<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

FLAURA試験、AURA3試験における耐性機序


  • [公開日]2019.03.27
  • [最終更新日]2019.03.26

オシメルチニブの初回治療と二次治療では、どちらも耐性機序の多数派を占めるのはMET増幅とC797X獲得変異のようだが、前者ではT790M変異が全く認められず、後者では約半数にT790M変異が残っている様子。

続きを読む
https://ux.nu/N9RV7

ニュース選定者:可知 健太

大分での肺がん診療
https://ux.nu/56WsE

×

リサーチのお願い