アントラサイクリンン系薬剤は、土壌細菌由来の抗生物質で細胞増殖を阻害する活性を持つため、抗がん抗生物質とも呼ばれます。ダウノルビシン、ドキソルビシン、エピルビシン、イダルビシンピラルビシンアムルビシン、などが含まれ、1970年代に開発され、広く臨床に用いられています。DNAトポイソメラーゼIIを阻害すると共に、DNA鎖の塩基対間にインターカレートすることで、DNAの合成、複製、転写を阻害し、細胞増殖を抑えます。主な副作用は骨髄抑制、心毒性悪心・嘔吐、口内炎、脱毛、静脈炎などです。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »