【8月23日(金)/ 東京・日本橋】大腸がんセミナー参加申込受付中!

ALK肺がん、RET肺がんに選択肢が増え治療シークエンスを考える時代に


  • [公開日]2018.11.08
  • [最終更新日]2018.11.07

今年9月の世界肺癌学会では、ALK陽性肺がんの1次治療としてbrigatinibのクリゾチニブを超える有効性がフェーズ3試験で示され、ROS1融合遺伝子陽性肺がんに対するentrectinib、およびEGFRとHER2エクソン20の変異に対するpoziotinibといった新薬の臨床試験結果も発表された。

続きを読む
http://ux.nu/9Z3Yp

ニュース選定者:小森 駿

日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

リサーチのお願い