LH-RHアゴニスト製剤
製剤:リュープロレリン、ゴセレリン

LH-RHとは、脳の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモン。閉経前女性では、LH-RHが視床下部から放出されると下垂体はLHを放出し卵巣を刺激し卵巣はエストロゲンをつくる。男性では、テウトストロンをつくる。
LHとは、性腺刺激ホルモン
アゴニストとは作動薬、対語はアンタゴニスト(拮抗薬、遮断薬、阻害薬

乳がんでは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンががんの発生や増殖に重要な役割を担っている。
閉経前の女性では、LH-RHアゴニスト製剤を投与することによりLH-RHの働きを抑えて卵巣でエストロゲンを作られなくすることで乳がんの増殖を抑える。

前立腺がんでは、LH-RHアゴニストを投与することにより、精巣からテストステロンが分泌されなくなるため、前立腺がんは縮小する。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »