<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

非小細胞肺がんの希少ドライバー変異に対する薬剤の開発進む


  • [公開日]2018.09.12
  • [最終更新日]2018.09.12

EGFRやALK、ROS1、BRAFといったドライバー遺伝子変異を持つ非小細胞肺がんには、それぞれの変異に対するキナーゼ阻害薬が高い有効性を示し、4期非小細胞肺がんの治療では、まずドライバー遺伝子変異を確認することが推奨されている。

続きを読む
https://goo.gl/zxn6WM

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

リサーチのお願い