「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

ALK阻害薬既治療のALK転座陽性進行NSCLCの脳転移にロルラチニブは高い効果の可能性


  • [公開日]2018.10.03
  • [最終更新日]2018.10.02

第3世代ALK阻害薬であるロルラチニブは、ALK阻害薬の投与経験を有するALK転座陽性進行非小細胞肺がんの脳転移に対して、高い増悪抑制効果と出現抑制効果を持つ可能性が明らかとなった。

続きを読む
https://goo.gl/BNWsrK

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

リサーチのお願い