食道がん患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

T1aの腎細胞がんにはアブレーションも選択可


  • [公開日]2018.07.24
  • [最終更新日]2018.07.23

ステージT1aの腎細胞癌がある高齢者を対象に、経皮的アブレーション(PA)、ネフロン温存部分的腎切除術(PN)、根治的腎切除術(RN)を受けた患者の成績を比較する住民ベースのコホート研究を行った米国Weill Cornell MedicineのAdam D. Talenfeld氏らは、PAとRNの5年生存率に差はなく、PAの方が術後の腎機能障害を含む合併症が少なかったと報告した。

続きを読む
https://goo.gl/Hru4XY

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/

×