転移性腎細胞癌に対する腎摘除術の有用性を検証したフェーズ3試験CARMENAで、腎摘除術後に分子標的薬を投与した群に対する分子標的薬の投与のみを行った群の非劣性が示され、今年の米国臨床腫瘍学会のプレナリーセッションで発表された。
しかしこの試験について、注意が必要な点があると、新潟大学大学院医歯学総合研究科腎泌尿器病態学分野の冨田善彦氏は指摘する。

続きを読む
https://goo.gl/qAXL7W

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »