【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

大腸がんは進化パターンを変化させて難治化することを発見 九州大学など


  • [公開日]2018.08.01
  • [最終更新日]2018.07.31

九州大学の三森功士教授の研究グループは、東京大学、大分大学と共に、大腸がんの腫瘍内多様性の獲得原理を説明する新たな進化モデルを構築した。
腫瘍内多様性を伴う難治がんを克服する次世代のがん治療法開発が期待される。

続きを読む
http://univ-journal.jp/21864/

ニュース選定者:小森 駿
大学ジャーナルオンライン
http://univ-journal.jp/

×

リサーチのお願い