済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力ください

白血病患者と腫瘍専門主治医とで予後認識が大幅に異なる


  • [公開日]2017.11.10
  • [最終更新日]2017.11.09

化学療法を受けている急性骨髄性白血病(AML)患者100人の研究から、治療リスクと治癒の可能性についての患者と医師の認識が大きく異なっていることが明らかになった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/57522.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×