2016年世界消化器学会プレスリリース

本剤は、第3相臨床試験できわめて良好な安全性と忍容性がみとめられた。

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)の第18回消化器学会(スペイン、バルセロナ開催)において、革新的な抗インターロイキン-1α抗体が進行大腸がん患者の症状に顕著な影響を及ぼし、きわめて良好な安全性および忍容性を示したという第3相臨床試験データ(1)が発表された。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/49290.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事