免疫チェックポイント阻害薬は免疫抑制シグナルを排除し、がんに対する免疫システムの攻撃力を回復させる薬剤であるが、2つのチェックポイント阻害薬を併用すると、前治療で標準治療を行った患者の一部で、メラノーマを縮小、または増殖を抑制する効果があるかもしれないことが、ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ・キンメルがん研究所より発表された新たな研究結果で明らかになった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/56194.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事