!!緊急募集中!!肝臓がん患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

遺伝子検査が骨髄異形成症候群への移植の指針となる


  • [公開日]2017.03.01
  • [最終更新日]2017.03.03

骨髄異形成症候群MDS)患者への造血幹細胞移植において、1回の血液検査と医学的状態の基本情報があれば、効果が期待できる患者、
および化学療法放射線治療による最適な移植前処置の強度を判別できることが、ダナ・ファーバーがん研究所とブリガム・アンド・ウィメンズ病院の新たな研究で明らかになった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/54535.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

リサーチのお願い