接種後に体の痛みや記憶障害などの健康被害が報告されたとして、国が子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の積極的な勧奨を中止してから3年半。厚生労働省研究班は昨年末、「非接種者にも痛みやしびれなどの同様の症状を訴える人が一定数いた」とする疫学調査の結果を発表した。
ワクチンをめぐっては接種後の不調に悩む患者が国などを訴えているが、調査結果は接種再開に向けた議論の「材料」となるのか、専門家の判断が注目される。

続きを読む
http://www.sankei.com/smp/premium/news/170116/prm1701160007-s1.html

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:産経ニュース for mobile
http://www.sankei.com/smp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »