がんの治療法が確立したとされる日本でも、よりよい治療を求め、医療界をさまよう「がん難民」が生まれている。それはなぜなのか。
がん研有明病院放射線治療科副医長の加藤大基医師、さぬき診療所院長の讃岐邦太郎医師、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之医師、さらにがん体験者の大久保淳一さんが集まり、意見を交わした。

続きを読む
https://dot.asahi.com/aera/2015091000093.html?page=1

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:dot.(ドット)
https://dot.asahi.com/


人気記事