イーベイは昨年11月末、慈善団体が寄付金を“ほかの人々への贈り物”として「販売」することができるプログラム「ギフツ・ザット・ギブ・バック(社会に還元する贈り物)」を新たに立ち上げた。
ASPCA(米国動物虐待防止協会)やマーチ・オブ・ダイムス(母子の健康向上を目指す団体)、ハビタット・フォー・ヒューマニティー(貧困住居の問題解決を目指す団体)、CARE(人道支援団体)、アメリカ赤十字とアメリカがん協会が参加している。

続きを読む
http://forbesjapan.com/articles/detail/14652

ニュース選定者:中島 香織
引用元:Forbes JAPAN
http://forbesjapan.com/


人気記事