「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

患者申出療養で実施される保険外の医療技術、しかるべき時期に安全性・有効性の評価が必要—患者申出療養評価会議


  • [公開日]2021.01.25
  • [最終更新日]2021.01.25

患者申出療養の1技術である「腹膜播種・進行性胃がん患者への『パクリタキセル腹腔内投与および静脈内投与ならびにS-1内服併用療法』」について、昨年12月時点で8症例に治療継続がなされている。
腫瘍増悪などが認められるまで治療が継続されるが、しかるべき時期に安全性有効性の評価を行い、「保険適用に向けた準備を進める」などの次ステップに向けた検討を行うべきではないか—。
1月21日に開催された患者申出療養評価会議において、こういった議論が行われました。

続きを読む
https://ux.nu/cn8E3

ニュース選定者:中島 香織

GemMed
https://gemmed.ghc-j.com/

×