LINEで送る
Pocket

がん患者が増加する中,近年ではがん薬物療法はその選択や治療・管理を専門とする「腫瘍内科医」が担うべきだと考えられるようになってきた。
がん薬物療法は適応の拡大,種類の増加,作用・副作用の複雑化が進んでおり,腫瘍内科医の役割はますます重要になっていくと言えるだろう。

続きを読む
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03202_01

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:医学書院
http://www.igaku-shoin.co.jp/top.do

LINEで送る
Pocket

人気記事