済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力ください

痛みでもかゆみでもない、がん治療の「最も大きな苦痛」とは


  • [公開日]2019.02.25
  • [最終更新日]2019.02.25

2018年に、1年間の新規がん罹患者数の予測が100万人を超えた。
最近、「がん」は慢性疾患、ありふれた疾患と見なされるようになってきており、「がんと共に生きる」ことは、糖尿病や高血圧の患者と同じくらい、ごく普通になってきた。
がん患者にアンケートをとった「治療に伴う身体症状の苦痛調査」の結果は、医療者にとっても衝撃的であった。
調査結果のTOP20の中には、男女問わず、髪・肌・爪など、外見に現れる多くの症状が挙げられている。

続きを読む
https://ux.nu/MJoRF

ニュース選定者:中島 香織

Forbes JAPAN
https://forbesjapan.com/

×

リサーチのお願い