「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

卵巣がん治療はPARP阻害薬の登場や併用療法で大きく変化する


  • [公開日]2018.10.10
  • [最終更新日]2018.10.10

卵巣がんに対するPARP阻害薬有効性臨床試験で示され、オラパリブはプラチナ感受性再発卵巣がんの維持療法として臨床導入された。
他のPARP阻害薬の開発も着々と進行し、かつPARP阻害薬と血管新生阻害薬免疫療法薬との併用療法も試みられ、今後卵巣がん治療は大きく変化すると見られている。

続きを読む
http://ux.nu/5lZSB

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×