昭和大学横浜市北部病院消化器センターはこのほど、名古屋大学大学院情報学研究科と共同で、AIにより内視鏡検査で大腸ポリープ・がんを自動検知する大腸内視鏡検査支援システムを開発したと発表した。
静止画ではなく、実際の臨床環境に近い動画でテストし、94%の病変を検知できたという2019年度には承認申請を目指し治験を始める予定としている。

続きを読む
https://goo.gl/GNzZJt

ニュース選定者:小森 駿
ミクスOnline
https://www.mixonline.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »