【9/28(土)開催 胃がんキャラバン in 東京 どんな質問にも答えます!】参加申込受付中!

ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が、多発性骨髄腫の無増悪生存期間を延長/米国臨床腫瘍学会(ASCO)


  • [公開日]2016.06.09
  • [最終更新日]2017.03.17

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解

「新規薬剤が使われる時代になっても、実績のある治療法がその価値を保っています。新規薬剤による治療後に幹細胞移植を実施するという、新旧それぞれの最良の方法を組み合わせることで患者に最善の治療効果がもたらされることがこの試験で立証されたのです」と、ASCO会長であり、経営学修士、ASCOフェローであるJulie M. Vose 医師は述べた。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/39082.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/

×

リサーチのお願い