EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の開発にともない、EGFR変異陽性非小細胞肺の治療成績は飛躍的に向上している。しかし全生存期間のデータが出揃っておらず、また薬剤耐性の問題もあり、どのような順番でEGFR-TKIを投与することが予後延長につながるかは課題となっている。

続きを読む
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/report/201801/554373.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/

×

人気記事