2011年終わり早期の悪性リンパ腫と診断され、ブラック・サバスの活動を続けながら治療を受け、昨年夏、癌が寛解したと報告したトニー・アイオミだが、医師から再発する可能性があると忠告されており、病気のことが完全に頭から離れることはないそうだ。

続きを読む
https://www.barks.jp/news/?id=1000148497

ニュース選定者:柳澤 昭浩
引用元:BARKS
https://www.barks.jp/


人気記事