11/9(土)開催【胃がんキャラバンin松山】お申込み受付中!

非小細胞肺がん

未治療のALK陽性非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのアレセンサ、リアルワールド解析で無増悪生存期間などを改善

2019.10.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のALK陽性非小細胞肺がん患者が対象のレトロスペクティブ試験 ・ファーストライン治療としてアレセンサ単剤療法をはじめとしたALK阻害薬の有効性を検証 ・リアルワールド ...

タグリッソ EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん対象の第3相試験で全生存期間中央値3年以上を達成

2019.10.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんが対象の第3相試験「LAURA試験」 ・3年経過時点での一次治療継続はタグリッソ投与群で28%、ゲフィチニブまたはエルロチニブ投与群で9 ...

EGFR陽性の進行再発非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのゲフィチニブ、シスプラチン+ドセタキセルに比べて全生存期間を改善しない

2019.10.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR陽性の進行再発非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのゲフィチニブ単剤療法と、シスプラチン+ドセタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、5年全生存率13.4%を示す

2019.10.02

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者を対象とした第3相試験 ・オプジーボ単剤療法の有効性・安全性をプール解析 ・5年全生存率は13.4%で、従来の化学療法に比べて長期に渡る ...

【第21回 非小細胞肺がん<ROS1、RET、BRAF等の希少遺伝子治験>動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts

2019.10.02

  • セミナー動画

2019年9月13日(金)に認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン・特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク・がん情報サイト「オンコロ」が連携し第 ...

治療歴のあるKRASG12C遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するAMG510、客観的奏効率54%を示す

2019.09.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるKRASG12C遺伝子変異陽性進行性固形がん患者が対象の第1相試験 ・経口KRAS阻害薬AMG510単剤療法の有効性・安全性を検証 ・非小細胞肺がん患者群で、客 ...

ノバルティス、治験薬カプマチニブ(INC280)の最新データ、およびカナキヌマブの新たな臨床試験により、肺がん医療のイノベーションでめざましい成長を示す

2019.09.26

  • ピックアップ

2019年6月3日、スイス・バーゼル発–ノバルティスは、2019年度ASCO年次総会で、NSCLCに関する新たなデータおよび臨床試験の最新情報を発表しました。 続きを読む https://00m.in ...

複数治療歴のあるRET融合遺伝子陽性非小細胞肺がん患者に対するSelpercatinib単剤療法、客観的奏効率68%を示す

2019.09.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のあるRET融合遺伝子陽性非小細胞肺がん患者が対象の第1/2相試験 ・Selpercatinib単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は68%であり、持続 ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、長期間フォローアップで良好な結果

2019.08.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者を対象とした試験のプール解析結果 ・2レジメン治療以降の治療としてオプジーボ単剤療法を投与、有効性を検証 ・長期間に渡って全生存期間を改 ...

EGFR陽性の進行性非小細胞肺がん患者に対するアバスチン+タルセバ、タルセバ単剤療法に比べて無増悪生存期間、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2019.08.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・アバスチン+タルセバ併用療法の有効性・安全性を検証 ・タルセバ単剤療法に比べて、無増悪生存期間、全生存期間を統計 ...

タグリッソ、EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん対象の第3相試験で一次治療薬として全生存期間を有意に改善

2019.08.20

  • ニュース

2019年8月9日、アストラゼネカ株式会社(以下、アストラゼネカ)は、第3相FLAURA試験における全生存期間(OS)の改善を発表した。本試験は、前治療歴のない局所進行あるいは転移性EGFR遺伝子変異 ...

進行性非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対する維持療法としてのアバスチン単剤とアリムタ単剤、アバスチン+アリムタ併用と比較して全生存期間を改善

2019.08.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非扁平上皮非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・維持療法としてのアバスチン単剤、アリムタ単剤、アバスチン+アリムタ併用療法の有効性・安全性を検証 ・単剤療法は、併用 ...

PD-L1発現率1%以上の非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのオプジーボ+ヤーボイ、全生存期間を改善

2019.08.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1発現率1%以上の非小細胞肺がん患者を対象とした第3相試験 ・ファーストライン治療としてのオプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証 ・主要評価項目である全 ...

【第19回 非小細胞肺がん<ALK編>動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts

2019.08.14

  • セミナー動画

2019年7月12日(金)に認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン・特定非営利活動法人 近畿がん診療推進ネットワーク・がん情報サイト「オンコロ」が連携し第 ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん、胃がん、胃食道接合部腺がん、尿路上皮がん患者に対するキイトルーダ+サイラムザ、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.08.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん、胃がん、胃食道接合部腺がん、尿路上皮がん患者が対象の第1a/b相試験 ・キイトルーダ+サイラムザ併用療法の有効性・安全性を検証 ・忍容性に問題はなく、 ...

局所治療後の少数個転移非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ、無増悪生存期間を統計学的有意に改善する

2019.07.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所治療後の少数個転移非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・増悪生存期間を統計学的有意に改善 2019年7月11日、医学誌『 ...

進行性非小細胞肺がん患者に対する体幹部定位放射線治療後のキイトルーダ、客観的奏効率36%示すも主要評価項目を達成基準を達成できず

2019.07.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・体幹部定位放射線治療後のキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は36%示したが、主要評価項目達成基準を達成 ...

【終了】非小細胞肺がん患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

2019.07.19

  • 終了リサーチ

皆様のご協力により本調査の募集は終了となりました。ご協力ありがとうございました。 ※残り1名、大阪にてインタビューに参加いただける方を募集しております。(7月26日)  ※実施候補日を追加しました。( ...

RET融合遺伝子陽性の進行非小細胞肺がん患者に対するBLU-667単剤療法、客観的奏効率58~60%を示す

2019.06.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・RET融合遺伝子陽性の進行非小細胞肺がん患者が対象の第1相試験 ・選択的RET阻害薬BLU-667単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は58~60%を示し、忍容性 ...

EGFRチロシンキナーゼ阻害薬抵抗性のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者に対するHER3を標的としたU3-1402単剤療法、様々な耐性に抗腫瘍効果

2019.06.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR‐TKI抵抗性のEGFR遺伝子変異陽性進行性非小細胞肺がん患者が対象の第1相試験 ・HER3を標的とした抗体薬物複合体U3-1402単剤療法の有効性・安全性を検証 ...