「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

抗体薬物複合体

HER2陽性乳がんに対する一次治療としての抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン、第3相試験で患者への投与を開始

2021.06.17

  • ニュース

第一三共株式会社と英アストラゼネカ社は6月15日、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(開発コード:DS-8201)について、HER2陽性の乳がん患者への一次治療を対 ...

複数治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がんに対する抗TROP2抗体薬物複合体datopotamab deruxtecan、客観的奏効率43%を示す

2021.05.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第1相試験のトリプルネガティブ乳がんコホート ・datopotamab deruxtecan(ダトポタマブ デルク ...

再発/難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する抗CD19抗体薬物複合体Loncastuximab tesirine療法、客観的奏効率48.3%を示す

2021.05.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第2相試験 ・Loncastuximab tesirine(ロンカスツキシマブ テシリン)療法の有効性・安全性を検証 ...

HER2陽性転移性大腸がんに対するエンハーツ単剤療法、客観的奏効率45.3%を示す

2021.05.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は45.3%を示し、新たな有害事象は報告されなかった 2021 ...

再発難治性/転移性トリプルネガティブ乳がんに対するサシツズマブ ゴビテカン単剤療法、全生存期間、無増悪生存期間を改善

2021.05.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性/転移性トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第3相試験 ・サシツズマブ ゴビテカン単剤療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・無増悪生存期間は5.6ヶ月、全生 ...

治療歴のあるHER2陽性切除不能/転移性非小細胞肺がんに対するエンハーツ単剤療法、客観的奏効率24.5%を示す

2021.02.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるHER2陽性の切除不能/転移性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・エンハーツ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率24.5%を示す 2021年1月2 ...

抗体薬物複合体DS-6000、切除不能腎細胞がん/卵巣がんの第1相臨床試験で投与開始

2021.02.03

  • ニュース

2月3日、第一三共株式会社は、CDH6を標的とした抗体薬物複合体(ADC)であるDS-6000について、切除不能な腎細胞がんと卵巣がんを対象とする第1相臨床試験で投与が開始されたと発表した。 DS-6 ...

卵巣がんに対するmirvetuximab soravtansine+ベバシズマブ併用療法、客観的奏効率47%を示す

2020.06.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・プラチナ系抗がん剤感受性の有無を問わない卵巣がん患者が対象の第1/2相試験 ・mirvetuximab soravtansine+ベバシズマブ併用療法の安全性・忍容性を検証 ...

消化管間質腫瘍(GIST)患者へ抗体薬物複合体DS-6157の第1相臨床試験を開始

2020.05.25

  • ニュース

5月22日、第一三共株式会社(以下第一三共)は、GPR20を標的とした抗体薬物複合体(以下ADC)であるDS-6157の第1相臨床試験で、進行性の消化管間質腫瘍(GIST)の患者に投与を開始したことを ...

抗体薬物複合体エンハーツ、化学療法歴のあるHER2陽性の手術不能又は再発乳がんの適応で国内製造販売承認を取得

2020.03.25

  • ニュース

2020年3月25日、第一三共株式会社は抗悪性腫瘍剤トラスツズマブ デルクステカン(遺伝子組換え)(商品名:エンハーツ 点滴静注用 100mg)、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)1について、「 ...

治療歴のあるHER2低発現進行性乳がん患者に対する抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン、客観的奏効率44.4%を示す

2020.03.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・標準治療抵抗性のあるHER2低発現の進行性乳がん患者が対象の1b相試験 ・抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効 ...

複数治療歴のある転移性尿路上皮がん患者に対するネクチン-4を標的にした抗体-薬物複合体エンホルツマブ ベドチン、全奏効率43%を示す

2020.02.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・1回以上の化学療法の治療歴のあるネクチン-4発現のある転移性尿路上皮がん患者を対象とした第1相試験 ・ネクチン-4を標的とする抗体-薬物複合体(ADC)であるエンホルツマブ ...