【1/31(金)開催 希少がんセミナー『希少がん診療におけるIVRの役割』申込み受付中!】

ペムブロリズマブ

抗PD-1抗体薬キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者、免疫関連有害事象の発現で無再発生存期間が改善

2020.01.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者が対象の第3相試験 ・免疫関連有害事象と無再発生存期間の関係性について検証 ・免疫関連有害事象を発現した患者におい ...

進展型小細胞肺がん初回治療としてのキイトルーダ+化学療法との併用、化学療法単独と比較して無増悪生存期間を有意に改善

2020.01.15

  • ニュース

2020年1月15日、MSD株式会社は、進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)患者の初回治療において、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ、以下キイトルーダ)と化学療法との併用療法が第3 ...

PD-L1陽性の進行性非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのキイトルーダ、KRAS遺伝子変異ステータスに関係なく有用性を示す

2019.12.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験の探索的解析 ・ファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・KRAS遺伝子変異のステ ...

前治療歴のあるミスマッチ修復欠損またはMSI-Highを有する切除不能な局所進行/転移性固形がんに対するキイトルーダ、客観的奏効率34.3%を示す

2019.11.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・前治療歴のあるMMR欠損またはMSI-Highを有する切除不能な局所進行/転移性固形がん患者が対象の第2相試験 ・抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較 ...

進行性胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん患者に対するファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤/併用療法、CPS1以上の患者に対して全生存期間中央値で非劣勢を示す

2019.11.01

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤/併用療法の有効性・安全性を検証 ・CPS※1以上の患者に対して ...

早期トリプルネガティブ乳がん患者に対する術前化学療法としてのキイトルーダ+化学療法、病理学的完全奏効率を有意に改善

2019.10.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第3相試験 ・術前化学療法としてのキイトルーダ+化学療法の有効性・安全性を検証 ・病理学的完全奏効率を統計学的有意に改善 2019年 ...

キイトルーダ、治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対する効能・効果で承認申請

2019.10.07

  • ニュース

2019年10月4日、MSD株式会社(以下、MSD)は、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)(商品名:キイトルーダ(R))(以下、キイトルーダ)について、治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対 ...

進行性悪性黒色腫患者に対するキイトルーダ、ヤーボイに比べて5年無増悪生存期間、5年全生存期間を統計学的有意に改善

2019.08.09

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性悪性黒色腫患者が対象の第3相KEYNOTE-006試験 ・キイトルーダ単剤療法とヤーボイ単剤療法の有効性・安全性を比較・検証 ・キイトルーダ群で病勢進行または死亡のリ ...

治療歴のある進行性非小細胞肺がん、胃がん、胃食道接合部腺がん、尿路上皮がん患者に対するキイトルーダ+サイラムザ、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.08.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん、胃がん、胃食道接合部腺がん、尿路上皮がん患者が対象の第1a/b相試験 ・キイトルーダ+サイラムザ併用療法の有効性・安全性を検証 ・忍容性に問題はなく、 ...

局所治療後の少数個転移非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ、無増悪生存期間を統計学的有意に改善する

2019.07.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所治療後の少数個転移非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・増悪生存期間を統計学的有意に改善 2019年7月11日、医学誌『 ...

進行性非小細胞肺がん患者に対する体幹部定位放射線治療後のキイトルーダ、客観的奏効率36%示すも主要評価項目を達成基準を達成できず

2019.07.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・体幹部定位放射線治療後のキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は36%示したが、主要評価項目達成基準を達成 ...

進行性小腸腺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、主要評価項目である客観的奏効率基準を達成できず

2019.07.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性小腸腺がん患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性、安全性を検証 ・マイクロサテライト不安定性の高い患者で部分奏効を達成したが、客観的奏効率基準を満たす ...

切除不能転移性悪性黒色腫患者に対するエパカドスタット+キイトルーダ併用療法、プラセボ+キイトルーダ併用療法に比べて無増悪生存期間を統計学的有意に延長しない

2019.06.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・切除不能転移性悪性黒色腫患者が対象の第3相試験 ・エパカドスタット+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性を検証 ・プラセボ+キイトルーダ併用療法に比べて無増悪生存期間を統計 ...

進行性転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対するニラパリブ+キイトルーダ、BRCA遺伝子陽性患者に対しても高い客観的奏効率を示す

2019.06.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性転移性トリプルネガティブ乳がん患者を対象とした第2相試験 ・ニラパリブ+キイトルーダ併用療法の有効性、安全性を比較検証 ・良好な抗腫瘍効果を示し、特にBRCA遺伝子陽 ...

PD-L1陽性HER2陰性進行性胃がんまたは胃食道接合部がん患者に対するファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法、化学療法に対して有効性示せず

2019.06.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1陽性HER2陰性進行性胃がんまたは胃食道接合部がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・死亡リス ...

進行性非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、PD-L1発現率50%以上の患者群で5年全生存率29.6%を示す

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療または既治療の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第1相試験 ・キイトルーダ単剤療法を投与し、客観的奏効率、全生存期間などを検証 ・キイトルーダ単剤療法は未治療、既治療に ...

治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2019.05.30

  • ニュース

2019年5月20日、メルク・アンド・カンパニー社プレスリリースにて治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ;以下キイトルーダ) ...

胞巣状軟部肉腫を含む進行性転移性肉腫患者に対するキイトルーダ+インライタ併用療法、3ヶ月無増悪生存率65.6%を示す

2019.05.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・胞巣状軟部肉腫を含む進行性転移性肉腫患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ+インライタ併用療法の有効性・安全性を検証 ・3ヶ月無増悪生存率は65.6%を示し、特に胞巣状軟部 ...

複数治療歴のある進行再発卵巣がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、客観的奏効率7.4〜9.9%を示す

2019.05.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・前治療歴のある進行再発上皮性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん患者が対象の第2相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・単剤療法は適度な抗腫瘍効果を示し、PD ...

マイクロサテライト不安定性が高い大腸がん患者の腫瘍遺伝子変異量は免疫チェックポイント阻害薬の効果予測因子になる

2019.05.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・マイクロサテライト不安定性が高い(MSI-H)大腸がん患者が対象の試験 ・腫瘍遺伝子変異量(TMB)が免疫チェックポイント(CP)阻害薬の効果予測因子となり得るかを検証 ・ ...