スイスの製薬会社ノバルティスが治験中のキメラ抗原受容体 T 細胞(CART-T)療法は、子供や若者の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病の画期的治療法として米当局の承認が期待できるが、免疫システムへの影響が生涯続くかもしれず、対応費用も高くつく。

続きを読む
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-13/OT0J1R6JIJUO01

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:ブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »