スイスの製薬会社ノバルティスが治験中のキメラ抗原受容体 T 細胞(CART-T)療法は、子供や若者の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病の画期的治療法として米当局の承認が期待できるが、免疫システムへの影響が生涯続くかもしれず、対応費用も高くつく。

続きを読む
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-13/OT0J1R6JIJUO01

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:ブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/


人気記事