初期相のがん臨床試験における複数の知見は、がん治療の主流なトレンドである、分子標的療法と免疫療法に反映されている、と先週シカゴで開催されたASCO(米国臨床腫瘍学会)年次総会にて取りあげられた。

臨床試験の結果が直ちに患者ケアに転換されるわけではないが、各々の知見が患者のケアが変わる方向を示している、と試験責任医師および研究者のあいだで意見が一致した。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/40864.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事