早期発見が難しいとされる膵臓がんの患者は、離職率が他のがん患者と比べて約2倍に上るとの調査結果を、がん患者の就労を支援する一般社団法人「CSRプロジェクト」がまとめた。治療に専念するケースもあるが、自由回答では「治療費が必要なのに仕事を続けられなかった」との声もあった。

続きを読む
https://mainichi.jp/articles/20170529/k00/00e/040/172000c

ニュース選定者:中島 香織
引用元:毎日新聞
https://mainichi.jp/


人気記事