・子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨の一時中止に伴う影響を、各年度でのワクチン接種率をもとに算出し、HPV感染リスクが生まれ年度によって大きく異なる可能性を明らかにした。
・日本では2010年度から公費助成、2013年4月から定期接種が始まったが、副反応とされる多様な症状の出現の影響でワクチン接種の勧奨が一時中止された状態が続いており、生まれ年度によってワクチン接種率に大きな差が生じていることが問題視されている。

続きを読む
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20160719_1

ニュース選定者:可知 健太
引用元:Resou
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja


人気記事