地域医療の最前線に立ち続けてきた村上智彦医師は、2015年12月に“血液のがん”急性白血病を発症、154日間の闘病生活と再発を経て、2017年2月にようやく退院に至った。村上医師が患者になった体験から、「死」との向き合い方を紹介する。

続きを読む
http://best-times.jp/articles/-/5286

ニュース選定者:中島 香織
引用元:BEST TIMES
http://best-times.jp/


人気記事