医療の進歩に伴い、生存率が向上する一方で治療の後遺症などに悩む人は多く、リハビリテーションの重要性が高まっている。
手術後の乳がん患者が腕や肩が動かしにくくなるのを予防しようと、四国がんセンターはDVDを使った体系的なリハビリを近年導入し、生活の質(QOL)の向上を目指している。

続きを読む
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201704124867

ニュース選定者:中島 香織
引用元:愛媛新聞ONLINE
https://www.ehime-np.co.jp/


人気記事