米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解

「小児がん治療の進歩に関するストーリーにおいて、多くは強力な治療法を活用できるようになっています。これは、臨床研究に尽力することにより、人命を救う可能性のある結果をもたらすことができた一例です。しかし、これは従来よりも積極的な治療法であり、長期的な副作用について、患者の生涯を通じた綿密な追跡調査が必要でしょう」とASCO小児がん専門医Stephen P. Hunger医師は述べた。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/39795.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事