進行したがん患者の中には、わらをもつかむ思いで新たな治療手段を模索する人がいる。科学的根拠のない薬や点滴による治療で、高額な費用を取られ、症状が悪化するケースもある。

日本医科大武蔵小杉病院の勝俣範之教授(腫瘍(しゅよう)内科)によれば、がん患者の増加とともに、患者を「食い物」にする医師が後を絶たないという。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/ASJ7D5WW8J7DUBQU00K.html?platform=hootsuite

ニュース選定者:可知 健太
引用元:朝日新聞
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top


人気記事