がんの治療成績は向上し生存率は上がっている。また高齢化の進展とともにがんの発症は増え、2人に1人程度が一生の間にがんにかかるといわれている。
ただ、こうした知識は一般に普及しているとはいえないことが、内閣府が昨年11月に実施した「がん対策に関する世論調査」で明らかになった。

続きを読む
http://www.sankei.com/smp/life/news/170307/lif1703070024-s1.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/


人気記事