リフェレンス
LINEで送る
Pocket

2016年4月16~20日開催の米国がん学会(AACR)年次総会で発表された2件の第1相臨床試験の結果を合わせて考えると、
Trk、ROS1またはALK標的治療の治療歴のない、NTRK1/2/3、 ROS1または ALK遺伝子変異を有するさまざまなタイプのがん患者に対して、
TrkA/B/C、ROS1およびALKのようなタンパク質を標的とした試験中の抗がん剤entrectinib[エントレクチニブ]の安全性、忍容性、臨床活動性の徴候が示された。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/39260.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

LINEで送る
Pocket