日本におけるがんのうち、胃がんは長らく死亡率第一位でした。現在は、男性では肺がんについで第二位、女性では大腸がん、肺がんについで第三位です。
胃がん死が減った理由には、ピロリ菌感染割合の低下、治療法の進歩、検診の普及、食生活の変化などがあると考えられます。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/SDI201701136772.html?iref=sp_apitop

ニュース選定者:中島 香織
引用元:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top


人気記事