がん闘病の末、今年10月に45歳で亡くなった女性が愛用していたチェロが24日、福井市の福井県立音楽堂で開かれたチェロアンサンブルのコンサートで仲間の手によって奏でられた。
曲ごとに仲間が交代し、女性のチェロを抱きかかえるように演奏。
伸びやかな音色を聴いた女性の母親は「娘がステージにいるような気持ちになった」と涙を浮かべた。

続きを読む
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/pickup_photo/111828.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:福井新聞ONLINE
http://www.fukuishimbun.co.jp/index.html


人気記事