新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

癌における解糖系代謝の制御機構を発見 -新規抗癌剤治療への応用の可能性-


  • [公開日]2020.07.27
  • [最終更新日]2020.07.27

近藤祥司 医学部附属病院准教授、三河拓己 医学研究科研究員らの研究グループは、発癌における解糖系代謝亢進において、解糖系酵素ホスホグリセリン酸ムターゼ(PGAM)と結合する蛋白が重要であることを解明しました。

続きを読む
https://00m.in/ieAoY

ニュース選定者:熊谷 知泰

京都大学
https://00m.in/6ta0p

×

リサーチのお願い