新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

移植片対宿主病の新たなバイオマーカーを発見~大腸杯細胞傷害が移植片対宿主病の病態形成に寄与し,そのバイオマーカーとなる~


  • [公開日]2020.07.03
  • [最終更新日]2020.07.03

北海道大学大学院医学研究院の豊嶋崇徳教授・橋本大吾准教授らの研究グループは,白血病などの血液悪性腫瘍の治療に用いられる同種造血幹細胞移植の合併症である腸管GVHDにおいて,大腸杯細胞の障害が生じ,大腸杯細胞によって形成される粘液層のバリア機能が破綻することを,マウスモデルを利用して発見しました。

続きを読む
https://00m.in/EWn4I

ニュース選定者:熊谷 知泰

北海道大学
https://00m.in/DAxS7

×