新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

iPS細胞を用いた化学物質の発がん性判定方法を開発~がん幹細胞への誘導の様子を観察する、世界で初めての手法~


  • [公開日]2020.06.24
  • [最終更新日]2020.06.24

岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科ナノバイオシステム分子設計学研究室の妹尾昌治教授、杜娟博士(研究当時:大学院自然科学研究科博士後期課程)の研究グループは、iPS細胞を利用して、がん幹細胞の自然発生を観察する形で化学物質の危険性を評価するという、世界初の試みに成功しました。

続きを読む
https://00m.in/Zy9a2

ニュース選定者:熊谷 知泰

岡山大学
https://00m.in/DDiZM

×