緩和
LINEで送る
Pocket

患者が若く、収容患者数が多く緩和ケア病棟がない施設で治療を受ける場合、終末期化学療法を受ける可能性が最も高い。

デンマークのコペンハーゲンで10月8日に開催された2016年度欧州臨床腫瘍学会(ESMO)で発表された大規模検証結果によると、固形がん患者が死亡する1カ月以内の化学療法実施率が依然として高く、早期段階での緩和ケアの開始や終末期医療の明確なガイドラインの策定を検討するパラダイムシフトが求められている。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/52638.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

LINEで送る
Pocket

人気記事