中高年の男性なら人間ドックなどで、前立腺がんの腫瘍マーカーを調べる血液検査(PSA)を勧められた人も多いだろう。検査の普及などで前立腺がんの患者数は増え続け、国立がん研究センターの2015年の推計では年間9万8000人が新たに前立腺がんと診断され、部位別のトップになったとみられている。

前立腺がんと診断され、手術か放射線治療かなど治療法の選択に悩んでいる患者は多い。しかし、英国で行われた長期にわたる調査で、早期の前立腺がんなら、どの治療法をとっても10年後の死亡率に差がないことが確かめられた。調査した研究者は、英国の公共放送BBCに「これは男性を非常に安心させる結果。患者に過剰な治療が行われていることが世界的な問題だ」と話している。

続きを読む
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/10/11280247.html

ニュース選定者:柳澤 昭浩
引用元:JCAST ヘルスケア
http://www.j-cast.com/healthcare/


人気記事