アルビレックス新潟は12日、DF早川史哉の契約凍結を解除すると発表した。
同選手は筑波大から加入した1年目の16年4月に急性白血病と診断。長期療養を強いられることになった。
17年1月には選手契約を一時凍結されていたが、今年8月以降はトップチームに合流するまでに回復。現在は練習試合にも出場できるほどになっているという。

続きを読む
https://bit.ly/2QOZ29e

ニュース選定者:鳥井 大吾

ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »