「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

北海道大学・米国国立がん研究所・名古屋大学,島津製作所が狙った細胞のみを殺す光リモコンスイッチの開発にはじめて成功


  • [公開日]2018.11.12
  • [最終更新日]2018.11.12

北海道大学大学院薬学研究院の小川美香子教授・米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究グループは、(株)島津製作所,名古屋大学高等研究院・大学院医学系研究科の佐藤和秀S-YLC特任助教らと共同で,新規のがん治療法である光免疫療法の治療メカニズムに関する研究を行い、光免疫療法は、全く新しい光化学反応を用いた細胞の殺傷方法であり、近赤外光が狙った細胞上にある「デス・スイッチ」をONにして選択的に殺すことができることを証明した論文を発表した。

続きを読む
https://bit.ly/2OGpfEO

ニュース選定者:小森 駿

九州工業大学
http://www.innervision.co.jp/

×

リサーチのお願い