画像診断は本来、主治医が必要に応じて撮影指示を行い、自ら読影してその結果を診断や治療の参考とするものである。
しかしながら、画像診断技術の進歩によって撮影で得られる情報が爆発的に増え、読影技術の専門化・高度化も相まって、主治医と画像診断専門医との分業が進められてきた。

続きを読む
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/tanabe/201809/557949.html

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »