「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

抗がん剤の効果を予測する新手法、京大チームが開発


  • [公開日]2018.08.17
  • [最終更新日]2018.08.16

別の臓器へのがん転移が見つかった大腸がん患者に対し、どの抗がん剤が有効かを精度よく予測する手法を開発したと、京都大の研究チームが発表した。
実用化されれば、患者ごとに最適な種類の抗がん剤を選ぶことができ、効率的な治療が可能になるという。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180814-OYTET50006/

ニュース選定者:小森 駿
AERA dot.
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

×

リサーチのお願い