米Miami大学のAnna J. Nichols氏らは、皮膚の扁平上皮がんと診断された90歳代の女性患者に、9価のヒトパピローマウイルスワクチンを全身性に投与し、その後に腫瘍内投与を繰り返したところ、約11カ月でSCCは全て消失し、その後15カ月追跡したが再発は見られなかったと報告した。

続きを読む
https://goo.gl/SgBikP

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »