【8月23日(金)/ 東京・日本橋】大腸がんセミナー参加申込受付中!

RAS遺伝子野生型進行大腸がんではDNAメチル化の程度が抗EGFR抗体の効果予測因子となる可能性【JSMO2018】


  • [公開日]2018.07.25
  • [最終更新日]2018.07.24

RAS遺伝子野生型進行大腸癌におけるゲノムDNAのメチル化の状態が、抗EGFR抗体有効性と関連がある可能性が明らかとなった。

続きを読む
https://goo.gl/eYRsRu

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/

×

リサーチのお願い